Linux入門 GCPに初めてSSHで接続する

この黒い画面はなにかにゃ?

これは、サーバを設定する画面だにょろ

・・・思ってたのと違うにゃ

慣れないと難しいけれど、まずはコマンドになれる事が大切にょろ


SSH(エスエスエイチ)は、セキュリティを確保しながらサーバを操作する方法です。
Windows では、マウスで操作するグラフィカルな画面がありますが、サーバ用途のLinuxでは用意されていない場合がほとんどです。
ターミナルソフトでSSH接続して、コマンドを入力して設定することになります。

公式のマニュアルは下記のページをご参照ください。

インスタンスへの接続  |  Compute Engine ドキュメント  |  Google Cloud
https://cloud.google.com/compute/docs/instances/connecting-to-instance?hl=ja

1.TeraTermをPCにインストールします。
下記からダウンロードしてください。

Tera Term (テラターム) プロジェクト日本語トップページ – OSDN
https://ja.osdn.net/projects/ttssh2/

2.TeraTermを起動します。
「新しい接続」の画面が表示されるので、「キャンセル」をクリックします。


3.「設定」>「SSH鍵生成」をクリックします。


4.「TTSSH:鍵生成」の画面が表示されるので、鍵の種類は「RSA(アールエスエー)」が選択されている状態で「生成」をクリックします。

5.鍵が生成されると「パスフレーズ」の入力ができるようになります。
「鍵のパスフレーズ」と「パスフレーズの確認」を入力します。
鍵使うための大切なパスワードになりますので、長いパスワードを入力してください。
「コメント」にはログインするユーザ名を入力します。ここでは「chatora」と入力しました。
「公開鍵の保存」をクリックします。

6.保存先の選択画面が表示されるので、任意のフォルダで「保存」をクリックします。
ファイル名は初期設定の「id_rsa.pub」のままで大丈夫です。
ここでは、ドキュメントの下に「.ssh」というフォルダを作成して保存しました。

7.次は「秘密鍵を保存」をクリックします。
同様に保存先の選択画面が表示されるので、任意のフォルダで「保存」をクリックします。
ファイル名は初期設定の「id_rsa」のままで大丈夫です。
先ほどと同じく、ドキュメントの下に「.ssh」に保存しました。

8.「公開鍵の保存」と「秘密鍵の保存」ができたら「閉じる」をクリックします。

9.メモ帳を開き、先ほど保存した公開鍵を開きます。

10.「ssh-rsa」から始まるランダムな長い文字列が表示されます。

11.GCPのVMインスタンス画面で名前をクリックします。

12.「VMインスタンスの詳細」画面が表示されます。
「編集」をクリックします。

13.編集画面が表示されるので、下へスクロールします。
「SSH認証鍵が0個あります」と表示されている下の「表示して編集する」をクリックします。

14.「公開SSH認証鍵を入力」フォームが表示されます。

15.先ほど、メモ帳で開いた公開鍵をコピー&ペーストします。
ページ下部の「保存」をクリックします。

16.SSH認証鍵が追加されました。

17.Teratermの画面に戻り、「ファイル」>「新しい接続」をクリックします。

18.「ホスト(T):」にIPアドレスを入力してから「OK」をクリックします。
GCPのVMインスタンス画面に表示されている「外部IP」になります。
その際、「セキュリティ警告」が表示されますが、「このホストをknown hostsリストに追加する」にチェックを入れてから「OK」をクリックしてください。
一度、追加すれば2回目以降は表示されません。

19.「ユーザ名」はSSH鍵生成の時に入力した「コメント」を入力します。
「パスフレーズ」にはSSH鍵生成の時に入力した「鍵のパスフレーズ」を入力します。
「RSA/DSA/ECDSA/ED25519鍵を使う」を選択して「秘密鍵」の枠の右側にある「…」をクリックします。

20.「RSA/DSA/ECDSA/ED25519秘密鍵ファイルの選択」が表示されるので、事前に作成・保存した秘密鍵「id_rsa」を選択して、「開く」をクリックします。

21.秘密鍵のファイルが選択されていることを確認して、「OK」をクリックします。

22.正常に接続できると、[ユーザ名@ホスト名 ~]$という文字列が表示されます。

23.今回はここまで終わりにするので、「exit」と入力してからEnterキーを押します。
SSHが切断され、Tera Termが終了します。
ここで、SSHが切断しても、サーバの電源は入ったままです。
PCのように電源を入り切りせず、24時間365日稼働させることが一般的です。
必要な時に、いつでも接続して利用することができます。

秘密鍵と公開鍵とは?
公開鍵暗号で利用する長い文字列です。
秘密鍵と公開鍵は対になっており、対になった鍵を使わないと認証できません。
公開鍵は接続先のサーバや一般に公開するために利用します。
一方、秘密鍵は接続元のPCに保存しておきます。
秘密鍵は流出させないように厳重に管理してください。


寺西さんが作ったターミナルソフトなのでTera Termという名前なのだにょろ

Linux入門 Compute Engineの作成

GCP申し込んだからサーバできたかにゃ?

サーバを作るのは、ここからだにょろ

難しいにゃ~


Compute Engine(コンピュートエンジン)の作成手順です。
初期状態で「My First Project」というプロジェクトが選択されています。
プロジェクトはGCPの管理単位になります。
このまま利用して問題ありません。


公式のマニュアルは下記のページを参照ください。

Linux VM の使用に関するクイックスタート  |  Compute Engine ドキュメント  |  Google Cloud
https://cloud.google.com/compute/docs/quickstart-linux?hl=ja

1.ダッシュボードから「Compute Engine」>「VMインスタンス」をクリックします。

2.VMインスタンスの作成画面が表示されます。
「作成」をクリックします。

3.「名前」を入力します。ここでは「wordpress」という名前にしました。
「リージョン」については注意が必要です。
無償で利用できる「リージョン」は「us-west1 (オレゴン)」、「us-central1 (アイオワ)」、「us-east1 (サウスカロライナ)」の3か所のみです。ここでは「us-central1 (アイオワ)」を選びました。
マシンファミリーも注意が必要です。無償で利用できるのは「f-1micro (1 vCPU、614MB メモリ)」のみです。これを選択します。

無償で利用できる条件については、下記のページをご参照ください。
Google Cloud の無料枠  |  Google Cloud Platform の無料枠
https://cloud.google.com/free/docs/gcp-free-tier?hl=ja

4.ブートディスクは初期状態では「Debian GNU/Linux (デビアン グニュー リナックス)」が選ばれています。
ここでは別のブートディスクを利用するため「変更」をクリックします。

5.オペレーティングシステムは「CentOS (セントオーエス)」を選択します。
バージョンは「CentOS 8」を選択して、「選択」をクリックします。

6.ブートディスクが変更されている事を確認してから、「作成」をクリックします。

7.少し時間を置くと、VMインスタンスが作成されます。
緑色のチェックがついていれば、作成できています。

CentOS(セントオーエス)とは
Community ENTerprise Operating System」の略で、RedHat Enterprise Linuxから商用パッケージを除去したLinuxディストリビューションです。
名前の表す通り、コミュニティーベースのOSですが、RedHat社がプロジェクトの中心メンバーとして参加して開発しています。


昔は、ムトゥ神の徹底本でDebianの勉強したもんだにょろ

Linux入門 GCPに申し込む

よーし、GCPに申し込むにゃ!

Google アカウントは持っているかにょろ?

はいにゃ!


GCPを申し込む手順を紹介します。
Google アカウントを持っている前提で手順を記載しています。

1.GCPのページから「無料で開始」をクリックします。

クラウド コンピューティング サービス  |  Google Cloud
https://cloud.google.com/?hl=ja

2.Googleアカウントを持っている場合はそのアカウントでログインします。

3.パスワードを入力して「次へ」をクリックします。

4.利用規約を読んで、同意する場合にはチェックを入れます。
「続行」をクリックします。

5.「アカウントの種類」は「個人」を選択します。
「名前と住所」を入力します。

6.「お支払い方法」を入力して、「無料トライアルを開始」をクリックします。

7.ようこそ画面が表示されたら、申し込み完了です。


猫でも申し込めるにょろ!
(猫では申し込めません)

Linux入門 ブログを書くには

暇だしブログでも書こうかにゃ~

ブログ書くならVPSでWordpressで立てると良いにょろ

VPS借りるお金がないにゃ

GCP なら無料で利用できるにょろ


ブログを書くには、いろいろな方法があります。
ここでは、自分でサーバを構築しWordpress(ワードプレス)を導入して、ブログを書く方法を紹介したいと思います。

WordPress(ワードプレス)とは?
世界中で人気のブログをするためのソフトウェアです。
ウェブブラウザを使用して記事を投稿・公開する事ができます。

WordPressを利用するには、レンタルサーバやVPS(ヴイピーエス)を借りてWordpressを導入する方法があります。
また、クラウドサービスを利用する人も増えてきました。
今回、Google(グーグル)の提供しているクラウドサービスGCP(ジーシーピー)を利用して、無料でサーバを構築する方法を紹介します。
利用できるサーバの性能は低いので、本格的なブログ運用には向きませんが、初心者が利用するには問題ありません。
なお、設定や利用方法によっては料金がかかってしまうこともあります。
各サービスの仕様を十分に確認して、自己責任でお願い致します。

GCP(ジーシーピー)とは?
Googleが提供しているクラウドサービス「Google Cloud Platform (グーグルクラウドプラットフォーム)」の事。
その中に、「Always Free プロダクト」と呼ばれる無料で利用できるサービスがある。


ずっと無料でつかえるのはGCPだけだにょろ
Google最高にょろ!