Sakuraインターネットに復帰

1年ほどGCPを利用していたのですが、Free Trialの期間も過ぎたためSakuraインターネットに戻ってきました。
Always Free プロダクト「GCP f1-micro インスタンス」については、継続利用する予定です。

サーバ運用遍歴は以下の通りです。
1.自宅サーバ
2.WebARENA(NTTPC)
3.SakuraインターネットVPS
4.GCP
5.SakuraインターネットVPS ←いまここ!

GCP に移行しました

長らく、Sakuraインターネットを利用していましたが
GCPに移行しました。
クラウドの勉強も兼ねて、しばらく使うつもりです。
とりあえず、Wordpressの記事だけは移行したのですが、
画像データの移行ができていないため、
順次移行予定です。

ちなみ、これまでのサーバ運用遍歴は以下の通りです。
1.自宅サーバ
2.WebARENA(NTTPC)
3.SakuraインターネットVPS
4.GCP ←いまここ!

GCPの移行に合わせて、若干環境を変更しました。
今までは、CentOS 7 + Apache + MariaDB + WordPressの環境でしたが、
CentOS 7 + Nginx + MariaDB + WordPressに変更しました。
CMSについて、セキュリティ的にMovable typeへの移行も検討しましたが、
商用利用には 90,000円(税抜)かかるため断念しました。

それから、自設認証局を立ててオレオレ証明書を利用していましたが、
Let’s Encryptに変更しました。有効期限が90日間しかありませんが、
エラーが出なくなってよかったです。

また、少しづつ投稿していきます。

Booting from hard disk

QEMUさくらのVPSを使用しているのですが、
古いカーネルを削除したらサーバが起動しなくなりました。
コンソールから確認すると「Booting from hard disk」のメッセージが出た状態で止まっています。
とりあえずググってみるとUbuntu系の方で同様の現象出ている人多数なのですが、
CentOSを利用していて現象の出ている人は見つかりませんでした。
とりあえず、Ubuntuの対策を参考に設定したらサーバが起動するようになりました。

http://namahage.dip.jp/blog/4637

1.ISOイメージインストールにCentOS Live CDをアップロードします。
※CentOS7-DVDのレスキューモードで起動しようとしたところ、
KernelPanicで起動できませんでした。

2.CentOS LiveCDで起動した後、ターミナルからコマンドを入力。
$ su –
# mkdir /mnt/vda1
# mount /dev/vda1 /mnt/vda1
# cd /mnt/vda1/grub2/
# cp grub.cfg grub.cfg.org
# vi grub.cfg
下記の行をコメントアウト
##serial –unit=0–speed=115200 –word=8 –parity=no –stop=1

3.CentOS Live CDをシャットダウンして、サーバをHDDから起動します。
無事にGrub画面が表示されました・・・

と本来であればこれでサーバ起動するはずなのですが、
何故かサーバが起動しません。
メンテナンスモードでジャーナルログを確認したところ、
ファイルのマウントに失敗しています。
そういえば、「/etc/fstab」を変更したような気がすると思いだし、
修正個所を戻したところ無事に起動できました。